自分がワキガかどうか調べる方法

自分はワキガなのかどうか

暑くなってきて汗をかくようになると自分のニオイが気になりますよね。
あまりの臭いで、もしかしたら自分はワキガかもしれないと心配かもしれません。

 

自分でワキガかどうかを調べる簡単な方法とポイントをご紹介します。

 

暑い時はみんな臭いもの?


誰でも暑い時は汗が多く出ますので、いくら清潔にしてデオドラントを使っていても臭う時があります。

 

どうせ汗をかいたら臭いんだからみな一緒と対策をめんどくさがっていると、気付いたらこうなっているかも知れません。

みんなから臭い子のレッテルが貼られてる

カメムシ
人のニオイの問題はデリケートなことを皆知っているので、臭くてもまずそのことを言われることはありません。

 

でも、ニオイに気付いた人の心の中では確実に「この人は臭い」と刻み込まれています。

 

早く対策をとらないでいると、どんどんと多くの知り合いがあなたのイメージが「臭い子」になっていきます。

 

自分に好意を持っていた人が離れていく

人は臭い人を好きでいるのは難しいものです。
臭い事自体が苦痛なので、離れたいと思うのは自然な人の気持ちです。

 

ニオイ以外ではあなたに好意を持っている人も、ニオイゆえに近づかないようになるかもしれません。

 

あなたのニオイに一番気が付かないのはあなた自身ですので気を付けておく必要があります。

 

普通の汗臭さなら、清潔にしていて市販のデオドラントを使っていれば、ほとんど問題になることはないでしょう。

 

もしあなたがワキガだとしたら一般的な対処法では対策は難しいでしょう。

 

病院での診断は実はあいまい

診察

 

病院に行けばワキガの検査が受けられてきちんと診断してもらえると思ってますか?

 

もちろん診察をしてもらえますし、診断もしてもらえます。
保険診療病院でしたら皮膚科、形成外科になります。

 

そして、医師がワキガだと診断してはじめてワキガ手術が保険適用で受けられます。

 

でも、ワキガの定量的診断基準がありません。

 

ワキガの原因物質は何種類もあって、病院でそれを測定する技術がないのが現状です。
ワキガの原因物質とそのニオイの特徴はこちらの記事に書いています。

 

これらを測定するのが現場で難しい(ガスクロマトグラフィーが必要です)と、測定できたとしてもその値による診断基準がないんです。

 

因みに販売されているニオイセンサーでワキガのニオイの強度を測定することは全くできません。

 

病院のワキガテスト

ガーゼ

ガーゼテストというのがあります。

 

これはガーゼをワキにはさんで5分間待って、そのガーゼを医師が嗅いだり色や湿り気を見て判断するというものです。

 

医師や看護師の感応試験なのです。

 

もし、試験をする人が風邪をひいていたり、前の日にお酒を飲んでたりすると感覚が鈍くなったりします。
ある人は重度と判定する場合でも別の人は軽度と判定する可能性があります。

 

ワキガかどうかは第三者はすぐ分かる

実際のところ、ニオイが出ていれば、ワキガを知ってる人はすぐに分かります。

 

わたしもすぐに分かります。

 

誰もいないところでも、ワキガの人がいたに違いないというニオイにも気付きます。

 

もちろん病院でも医師はワキガに気付けるのですが、どの程度のワキガなのかを判断する定量的基準がないのです。

 

自分でワキガを調べる方法

自分でワキを嗅いでみましょう。
簡単セルフチェックでしょ?

 

わきのニオイチェック

 

自分のニオイには鈍感になるものですが、きちんと向き合えばさすがに分かるものです。

 

わきの下が臭いのが全部ワキガではありませんよ。
ワキガはアポクリン汗腺の汗が原因のニオイです。

 

簡単なワキガチェックのやり方とポイント

ワキのニオイを自分で確かめる時は、腕を上げて鼻を直接近づけてにおってみてください。
いくら鈍感になっている鼻でもこれだけ至近距離でにおうと分かるものです。

 

ワキを手でこすってから手のニオイを嗅ぐと、手についたいろんな汚れや雑菌のためにニオイがついてしまいます。

 

わきの下を洗わずに、制汗剤や消臭剤をつけないで1日放置したあとの方が分かりやすくなります。

 

ワキガの特徴的なニオイ

ワキガの成分によって、独特のニオイになります。
同じ成分では個人差はなく、同じニオイになります。

 

スパイスのクミン

香辛料
アジア人でこのニオイがきつい人は少ないといわれています。

古い雑巾

古雑巾
雑菌で腐敗したようなにおいです。

硫黄

硫黄温泉地にいくとこのニオイがします。おならのようなにおいです。

不快で甘い

においの元は、アンドロステノンというホルモンが雑菌で分解されたものです。
男性に多く、年齢によってにおいの強さが変わります。
女性が男性のニオイで一番不快と感じるニオイだそうです。

ムスク

ムスクというと香水の成分ですよね。
同じくホルモンが雑菌で分解されたものでアンドロステノールという物質がこのかおりを出します。
このニオイも男性に多く年齢によってにおいの強さが変わります。
女性はホルモンが原因となるニオイは少ないという調査結果があります。

 

より詳しいワキガの原因成分とそのニオイはこちら

 

ワキガではない臭いニオイの原因

わきの下はその他にも、エクリン汗と皮脂、角質(垢)と雑菌によって、酸っぱい臭いがしたり足の裏のような臭いがしたりするかもしれませんが、いくら強烈な臭いでもこれらはワキガではありません。

 

ワキガ体質かどうかを知る別の方法

ニオイを嗅ぐ以外で、ワキガ体質かどうかを判定する有名な方法があります。
耳垢がどんな状態かを見てみるというものです。

 

耳垢の状態はワキガかどうかの目安

耳かき
耳垢が乾燥したカサカサなのか、ねっとりしたものなのかは非常に参考になります。

 

でも、この耳垢による判定はうのみにしてはいけませんよ。
湿った耳垢の人の約80%がワキガというデータがあるそうです。
逆にワキガの人はほぼ100%湿った耳垢だそうです。

 

湿った耳垢の人は、ワキガの素質を持っているのですが、症状が出ていない場合があるんですね。

 

両親がワキガかどうか

ご両親が一人もワキガじゃないのに子供がワキガ体質になるということはほとんどありません。
もし、あなたがワキガの場合、今まで分からなかったけどご両親の少なくともお一人がワキガ体質なのです。

 

要するにワキガ体質は遺伝によるものです。

遺伝する確率についてはこちらをどうぞ

 

ワキガじゃないと確信したい場合

ワキガが軽度だと難しくなります。

 

めったにワキガがしない人の場合

ワキガは人によって、ごくたまにしか臭わない方がいらっしゃるようです。
極度の緊張状態であったり、精神的、性的に興奮した時だけなどだけの場合です。

 

もしあなたがそうなら病院のガーゼテストなどで判定したらワキガじゃないと言われる可能性大です。
何か精神的に興奮するなどした時に確かめてみる事はできます。

 

ワキガが軽度の人ほど耳垢が頼り

耳垢が湿っている「アメミミ」の人も、100%ワキガになってるわけではないようです。
ワキガ体質の可能性は分かります。

 

確実にワキガの有無を確認する方法

自分は完全にワキガじゃない事を確認したくなるかもしれません。

 

どうしても確認したい場合は、試験切開でアポクリン汗腺の有無を確認する方法があります。
この方法を唯一対応してもらえるのは五味クリニックです。

 

費用は54,000円です。
五味クリニックの費用表より

 

ワキガかどうかを調べるだけですが、思い悩んでいらっしゃるなら選択肢のひとつとしてあります。

 

五味クリニックの手術方法と費用、アクセスについて

 

ワキガならどうしたらいいか

自分はどうもワキガらしい。
だからといって、慌てたり悲観的になる必要は必ずしもありません。

 

事実を受け入れ、前向きに対処していく事が大切です。

わき汗が多い人は要注意

ワキガの人でニオイが強くなるのはわき汗が多い人です。

 

重度のワキガの人は腋窩多汗症がある人です。
たくさんの汗でニオイ成分を広げてしまうからです。
腋窩多汗症の場合、病院で保険適用の治療を受ける事ができます。

 

ボトックスによる治療が保険適用で受けられます。

多汗症治療のボトックスの治療費と効果

 

日常への影響度と悩みの深さによって

保険適用による手術から美容クリニックでの治療など多くの選択肢があります。

病院とクリニックのワキガ治療

 

手術などで100%アポクリン腺を取り除く事ができればいいですが、執刀する医師の腕次第というところがあります。
アポクリン腺が残っていたらワキガも残ります。

 

ワキガの強さはアポクリン腺の数に比例しません。
例えばアポクリン腺が半分になっても、臭いは半分ではなくほとんど変わりません。
ワキガの手術にはそういうリスクがあります。

 

当サイトでは、ダウンタイムや不完全な手術のリスクがない、気軽にワキガ対策ができる専用クリームをおすすめします。

 

ワキガ手術のダウンタイムなど、術後から復帰まではこちら

 

ワキガクリームの徹底比較を見てみる。

【2017最新】わきがクリームランキングを見てみる。

 

 

ワキガクリームランキング
ワキガ対策ランキング
にほんブログ村で上位のブログを見てみる
にほんブログ村 健康ブログ わきが・多汗症へ
にほんブログ村