ワキガクリームが長時間消臭効果を発揮する理由

ワキガクリームが消臭する仕組み

ワキガ専用クリームがどうやってワキガを防止し、消臭できるのかを大事な事なので改めて説明します。

 

皮膚の悪玉菌を殺菌する

ワキガクリームの有効成分のひとつ、イソプロピルメチルフェノールは肌への刺激が非常に少ないですが皮膚の常在菌である黄色ブドウ球菌やコリネバクテリウムに対して強い殺菌力があります。

 

ワキガはアポクリン汗にコリネバクテリウムという細菌が作用してはじめて臭いが発生します。
他の悪臭も悪玉菌がいることで発生しますので、殺菌することは臭いの発生をおさえる効果があります。

 

もちろん消毒アルコールやオキシドール、イソジンも殺菌作用はあるのですが、皮膚に対して刺激が強く、皮膚バリアや角質層まで破壊してしまいます。
皮膚本来の機能や抵抗力が失われると、長い時間でみるとかえって悪玉菌の繁殖を許してしまうことになるのです。

 

傷は消毒しない方がいいというのはやっと医療関係者に浸透しつつある話です。

新しい創傷治療を提唱されている医師のサイトはこちらです。

 

制汗作用で汗を抑える

ワキガクリームのもう一つの有効成分であるパラフェノールスルホン酸亜鉛は汗や皮脂の分泌を抑制する働きがあります。

 

汗に含まれるタンパク質と結合して凝固するので、汗腺の出口をふさいで汗や皮脂が出るのを防ぎます。
汗にタンパク質が含まれているのはアポクリン汗ですのでワキガの原因となる汗を特に抑える働きがあります。

 

生薬の働きで臭い成分を分解する

ポリフェノールであるタンニンは、臭いを発生するタンパク質を凝集変性して無臭化する働きがあります。

 

特に渋柿に含まれる柿タンニンの消臭効果は高いため、口臭対策のための歯磨きや、体臭対策の石鹸に配合されている商品が多くあります。

 

わたしは柿タンニン配合の歯磨きを愛用してましてこの効果は体験で知っています。

効果が持続する理由

クリーム

ワキガ専用クリームが他のデオドラント製品との大きな違いは成分だけではありません。

 

保湿作用がある

皮膚表面は常に一定の水分で潤っている必要があります。
乾燥肌は刺激に弱く、傷つきやすい状態です。

 

1,3-ブチレングリコールという成分は化粧品にもよく配合されている成分で保湿作用があります。
皮膚表面を保護する意味があります。

 

よく伸びてサラサラしている

使ってみると分かるのですが、少量でも非常によくのびます。
これは配合されている架橋型シリコーン・網状型シリコーンブロック共重合体という成分の働きによるのです。
少量でも広範囲に塗り広げる事ができます。

 

またベタつきがなくサラサラと感じるので、不快感がありません。

 

水をはじいて落ちにくい

これは重要な働きで、他のデオドラント製品は汗によって流れてしまうのですが、水分をはじく特性があり塗ったところから流れ落ちにくくなっています。

 

メチルハイドロジェンポリシロキサンという成分が水をはじく性質があります。


効果が長時間続く理由まとめ

ワキガクリームは、化粧品に使われている成分によって肌によく馴染み、長時間安定して効果を発揮できるのです。

 

肌や肌につける成分の研究は医療よりも化粧品の開発研究がはるかに進んでいるのです。

 

その恩恵を受ける形で開発されたワキガ用クリームは、有効成分が長時間塗ったところに残って安定して効果を発揮します。

 

当サイト管理人によるワキガクリームベスト3

ワキガクリームランキング
ワキガ対策ランキング
にほんブログ村で上位のブログを見てみる
にほんブログ村 健康ブログ わきが・多汗症へ
にほんブログ村