H・ミッテルの紹介

H・ミッテル

カネボウ薬品から販売されていた製品で、ワキガ治療薬としてはパイオニア的な存在です。

 

現在はカネボウ薬品が社名を変更してクラシエ製薬が製造し、クラシエ薬品が販売しています。

 

H・ミッテルの有効成分

他のワキガ専用クリームと同じ成分が配合されています。
殺菌成分としてイソプロピルメチルフェノール、制汗成分としてパラフェノールスルホン酸亜鉛となっています。

 

H・ミッテルの保湿成分

保湿成分としてアルテアエキスとセージエキスが配合されています。

 

セージエキスにはアルカリホスファターゼというアポクリン汗腺を活性化する酵素の働きを抑制する効果がある事をクラシエ(旧カネボウ)は研究で明らかにしています。

 

アポクリン汗腺の働きを抑制する植物エキスを発見

 

消臭成分の配合はなし

ワキガはアポクリン汗を抑えておいて、アポクリン汗が出ても殺菌しておけば臭いは発生しないという最も基本的な原則に従った配合となっています。


H・ミッテルのレビュー

 

ワキガクリームとしては破格

25gで1000円程度、50gで1800円程度ですから普通の軟膏と同じぐらいの値段で購入できます。

 

有効成分の配合量が分かりませんし、実際に一回にどれぐらい塗る必要があるのか明らかではありません。

 

一日に数度適量塗布との事です。

ドーム型には疑問あり

指にとってから塗らないから便利と考えるかもしれませんが、ドームへ雑菌や臭いが付着する可能性を考えますとわたしは疑問です。

 

指にとると、指の雑菌をつけてしまうなら、手をよく洗ってからというのが正解ではないでしょうか。

 

制汗作用が弱いとの口コミが多い

パラフェノールスルホン酸亜鉛が入っているのに制汗作用が弱いのは何故なのでしょうか。

 

生化学的な理由をいうことはできません。

 

本来制汗剤は汗腺に浸透しなければ効果がありません。
汗腺からでるタンパク質成分と結合して汗腺にフタを形成しなければ効果がないからです。

 

これは想像ですが、アルテアエキスなどの保湿剤が先に毛穴をふさいでしまっていた場合、パラフェノールスルホン酸亜鉛が汗腺まで到達できないことになります。

 

H・ミッテルのレビューまとめ

ワキガに対する予防、消臭効果が他のワキガ用専用クリームと比べてどうなのか、厳密に比較するのは難しいです。

 

制汗作用が弱い事、消臭作用がない事を割り引いても、非常に安い事だけは確かです。

 
ワキガクリームランキング
ワキガ対策ランキング
にほんブログ村で上位のブログを見てみる
にほんブログ村 健康ブログ わきが・多汗症へ
にほんブログ村 PVランキング