エイトフォー ワキ汗EXはワキガに効くの?

独自の制汗成分と殺菌成分配合のロールオンタイプ

デオドラントといえばエイトフォーというぐらい日本にも古くからあります。
エイトフォーができたのはドイツのバイヤスドルフ社で1951年の事だそうです。
エイトフォーの発祥

 

名前の由来は発見された有効成分が32文字だったことだそうです。
8かける4で32という訳ですね。

 

最初発売になったのは、パウダースプレーでした。
汗臭対策製品ですからワキガにも効果がありそうですよね。

 

現在では研究によって改善された多くの種類のエイトフォーが存在します。
その中でも特に、ワキガ対策に特化されたワキ汗EXをレビューします。
エイトフォー

 

ワキ汗EXのご紹介

ワキ汗EXですが、クリームカプセル、スティック、ロールオンと3つのタイプがあります。
ロールオンタイプ以外にはサラサラパウダーが配合されています。

商品名

エイトフォー ワキ汗EX

販売名

エイト・フォーロールオンPa

容量

38ml

有効成分

ワキガデオドラント製品の有効成分は制汗と殺菌作用が必要です。

クロルヒドロキシアルミニウム

制汗作用のための成分です。ワキガ対策用の制汗剤の医薬部外品としてはパラフェノールスルホン酸亜鉛なのですが、それとは違います。

 

また、病院で処方される塩化アルミニウムでもありません。

 

濃度によって効き目が変わるのですが、塩化アルミニウムよりも刺激の少ない制汗剤として使われています。
制汗作用は劣るようです。

β-グリチルレチン酸

こちらもワキガ対策用の殺菌剤としての医薬部外品はイソプロピルメチルフェノールです。

 

ニベア花王はそれと同等の効果を持つ自然由来の物質を探索し、甘草から作られるβ-グリチルレチン酸がワキガの原因の細菌を殺菌する作用を確認しました。
甘草

商品のレビュー

わたしは3種類あるワキ汗EXの中で、使いやすそうなロールオンタイプを選びました。

ニオイ

無香料ですので成分はメントールの香りがします。
メントール

使った後の状態

ヌルヌルとした少しオイルが混じったような透明の液体が肌にずっと残りました。
ロールオンタイプは容器を持って塗るだけで終わりだと思っていたのですが、このように肌に液体が乾かずに残っていると、衣服などに付着するでしょうしワキを動かすと別の場所へついてしまいます。

総評

成分が液体だからか、使う前には容器をよく振らなければいけません。
有効成分が分離した状態になっている事になります。

 

それは振って使えばいいのですが、肌の上に液体としてずっと残っている状態になると衣服についてしまうなど、使いにくさや効き目の持続に疑問を感じます。

ワキガクリームランキング
ワキガ対策ランキング
にほんブログ村で上位のブログを見てみる
にほんブログ村 健康ブログ わきが・多汗症へ
にほんブログ村 PVランキング
page top