身体の洗い方でワキガを改善する方法

タオルでゴシゴシは皮膚を痛める

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

ワキガは、その臭いの原因物質を洗い流す事が重要です。
殺菌するだけでは臭いは消えないからです。

 

ただし、荒っぽく洗って皮膚を痛めてしまっては皮膚本来の、表面を清潔に保つ力を奪ってしまいます。

 

タオル、特にナイロンタオルでゴシゴシこすり洗いをしていませんか。
この洗い方は皮膚表面を必要以上にこすり、削って傷つけてしまいます。

 

ナイロンタオルなどが使われる理由は、皮膚の角層の一番外側は、最も古い細胞のため、これを削り取ってしまった方が肌が綺麗になるという考え方によるのです。

 

角層(皮膚)は汗、皮脂によってうるおいを保つ事によって健康な状態に保たれています。
無理やりはがしてしまったり傷つけると、保湿力が低下して肌荒れの原因になります。

 

保湿力が低下しますと皮膚バリア機能が低下し、雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。

 

肌に物理的な刺激はできるだけ与えない方がいいのです。

 

肌を余計に刺激しない石鹸

 

強い香料、保存料などの添加物は肌に対して刺激となる場合があります。

 

肌が敏感な人はそういった添加物が皮膚のトラブルの原因になります。

 

皮膚の弱い人、刺激に弱い人は肌に目に見える・見えないは別にして、細かな傷ができていたりします。

 

香料や添加物はそこから侵入して刺激感を感じる事があります。

 

 

無添加純石鹸もしくは臭い対策用ボディーソープ

 

無香料、添加物無添加の純石鹸が最も肌に刺激を与えません。
純石鹸の洗浄力は意外と普通のボディーソープよりも高いです。

 

洗った後の皮膚に、余計な成分が残らないため、非常にさっぱりした洗い上がりとなります。

 

臭い対策用ボディーソープは洗浄成分以外に消臭成分が配合されています。

 

泡だけで洗うか、素手を使うのが刺激が少ない

 

ソープの泡

泡立てた泡を使って洗うのが一番刺激が少ないです。
手を触れずに肌にのせた泡をこねるように洗うのです。

 

洗顔はこの方法が推奨されていますね。

 

次に刺激が少ないのは素手の手のひらを使って洗うのも良いんですよ。
手の届く範囲に限界がありますけどね。

 

背中のすみずみまで手が届きますか?

 

ボディースポンジというものがあるようです。安いので購入しようと思います。

 

マーナ ソフトソフトスポンジ B251

386円

マーナ ボディースポンジ 「背中も洗えるシャボンボール」 ブルー B-872B

494円

 

アンボーテ


 
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村で上位のブログを見てみる
にほんブログ村 健康ブログ わきが・多汗症へ
にほんブログ村