ワキガのついた衣類の汚れをキレイに落とすにはこれ

黄ばみの原因は皮脂とアポクリン汗のタンパク質

 

大切な衣類が黄色や茶色くなってしまって、洗濯してもとれないのは悲しいですね。

 

とっておきの洗濯方法!というと大げさですが、知る人ぞ知る洗濯方法をご紹介します。
これでだめだったらあきらめてください。

 

衣類の汗の部分が黄色くなるのが全部ワキガが原因とは限りません。
普通の汗でもシミになることはありますし、市販の制汗剤が原因の場合もあるからです。

 

皮脂は要するに油汚れです。それとタンパク質汚れのダブルパンチです。

 

これらは普通の洗剤で洗っただけでは落ちませんよね。
食べ物とかで服を汚すと厄介じゃないですか。

 

繊維に吸い込まれている上に、汚れが水に溶けにくいからなんです。

 

 

漂白剤の種類と繊維に注意

 

漂白剤は汚れを直接分解する力がありますから期待できるのですが、その力が強力すぎるために衣類を痛めてしまう事がありますので種類と使い方に気をつけてください。

 

塩素系漂白剤は漂白力バツグン

何でも脱色してしまう塩素系漂白剤はキッチンでも活躍しますね。
茶渋を綺麗に取り去る力があります。

 

漂白力が強すぎて、色物の衣類は色落ちして大変な事になります。
白い衣類しか使えませんが、逆に白い衣類は黄色く変色してしまいます。

 

というわけで洗濯に塩素系漂白剤はおすすめできません。

 

還元系漂白剤は白物衣類ではオールマイティー

黄変回復用洗剤と言われています。
塩素系漂白剤で黄色変色した白い衣類を白くするのに使われます。
(焼けて黄色く変色したものには効果がありません)

 

鉄分で色がついた場合にも威力を発揮します。
ワキガで茶色に色が付く場合、ワキから鉄分が分泌している事がありますので、「衣類が白なら」使えるかもしれません。

 

これも色落ちしますので白い衣類限定です。

 

酸素系漂白剤は威力が強いけど色柄物でもOK

液体のものと粉状のものがありますが、粉状のものは強力ですので色落ちする可能性があります。
色柄物には液体の酸素系漂白剤がおすすめとなります。

 

ところが傷みやすいウールやシルクなどの天然繊維の衣類は痛めてしまいますので使えません。
また、金属が入っているとそこが腐食してしまいます。(ボタンや柄など)

 

大事な衣類に使うのはやめておいたほうが無難です。

 

重曹は汚れを浮かせる力がある

 

真打ち登場といった所です。お待たせしました。

 

重曹はこびり付いた汚れをおとしたり消臭効果もあるすぐれものです。
汚れを落とす力は漂白剤より弱いですが、安全性は高いです。

 

重曹には界面活性剤の働きがありませんので、普通に洗濯に使う時は洗剤にプラスして使います。
洗剤と同量か少し少なめが通常の使用量です。

 

浸け置き洗いする時は、お湯に重曹を混ぜたものに衣類を浸けます。
長時間つけおくと良いでしょう。

 

水温は少し上げたほうが重曹の働きが増します。

 

洗濯の注意事項が書かれたタグに書かれている事を守りましょう

 

40℃以下と書かれていたら40℃のお湯で洗うと水で洗うよりも重曹の効果が発揮されるでしょう。

 

究極は60℃のお湯に重曹

 

洗濯機に60℃のお湯を入れると故障の原因になりますから絶対にしないでください。
(高温対応の洗濯機は除く)

 

油成分は温度が高いほど溶けます。
あれほど水だと繊維にへばりついていた油も高温にすると溶け出します。
重曹も温度が高いほど強力になって、焦げ付いた鍋に水と重曹をいれて沸騰させるだけで焦げ付きが浮いてくるんです。

 

高温のお湯に重曹を入れて、洗いたい衣類をつけておきます。

 

お湯の温度が触れるぐらい冷めてきたら手洗いします。(押し洗い)

 

そのあとは普通に洗濯機で洗濯します。

 

究極のワキガ衣類洗濯まとめ

 

高温のお湯と重曹が衣類に使える最強だと思います。

 

洗濯の注意表示を守りながら、一度挑戦してみてはいかがでしょうか。

 
ワキガクリームランキング
ワキガ対策ランキング
にほんブログ村で上位のブログを見てみる
にほんブログ村 健康ブログ わきが・多汗症へ
にほんブログ村