脇汗を少なく臭いを抑える方法とは

ワキの汗を減らすという対策

このエントリーをはてなブックマークに追加

汗をかく女性

どうしてわきの下から大量の汗をかいてしまうのか、お悩みかもしれません。
実際に多汗症といわれる方で多いのは、わきの下、手のひら、足の裏になります。
また、顔や頭から滝のように汗をかいてしまう人もいらっしゃいます。

 

手のひらや足の裏は、不安や恐怖を感じた時に汗が出て、その場から素早く確実に逃げるために手足が滑りににくいための働きと言われています。

 

顔や頭は味覚性発汗の場合特に激しい方がおられますが、顔や頭は毛細血管が皮下に多く体表温度が上がりやすいためと考えられます。

 

わきに多くの汗をかく理由

暑い時は首もそうですが、特にわきの下に激しく汗をかくのは何故でしょうか。

 

実はワキの奥には動脈が通っていて、他の場所の皮膚よりも体温が高いのです。
体温を測る時に体温計をワキに挟むのは、その場所が人の深部体温に近いからです。

 

それだけ体の熱がワキから出てるので、その場所で汗が出て蒸発すると非常に効率よく熱を発散することができるのです。

 

暑い時に脇汗がたくさんでるのには理由があったんです。

腋窩多汗症とは

それでも必要以上にワキから汗が出てしまう人がいます。
汗腺の働きが激しい場合と、エクリン汗腺が大きく発達してアポエクリン汗腺となって大量の汗を出す汗腺を持っている人です。

 

あまりにも汗が多すぎて、着ている服が水を浴びたようにびしょ濡れになると困りますね。
着替えを何着も持ち歩くのも大変です。

 

そこまでいかなくても、ワキガで脇汗の多い人はワキガを汗で広げてしまうのでどうしてもニオイは強烈になりがちです。

 

全身から汗が出れば効率よく体温が下がる

ワキの汗だけで体の熱を発散しようとするから大量の汗が出るのです。
そういう人は、体表温度が全体的に低くなっている可能性があります。

 

手足だけじゃなくてお腹の温度も低い人がいます。
そうなりますと、体表温度が高い一部から大量の汗が出る事になります。

体表温度を上げるには

体全体、手足の先まで暖かい人は普段から熱を発散してますので汗をたくさんかく必要がない人になります。
どうやったらそういう体になれるのでしょうか。

 

リラックスして副交感神経優位にする

体表温度が低い原因は、交感神経が優位になっている可能性があります。

 

緊張していると体表の毛細血管は収縮して血液が通わなくなるので温度が下がります。

 

もしいつも緊張している場合はリラックスする方法を探してみることです。
ゆったりぬるめのお風呂に入るなどは交感神経を鎮める働きがあります。

 

基礎代謝を上げて体温を上げる

基礎代謝を上げるというと難しそうですが、ようするに体の筋肉を鍛える事です。
筋肉はじっとしていてもエネルギーを消費して熱を発生します。

 

熱源が体にないと、いくら毛細血管が広がっても皮膚は暖かくなりません。
それよりも、熱が足りないと体の中にためようとしますから毛細血管は収縮して体表温度は下がってしまいます。

 

普段から汗を多くかく生活をする

有酸素運動を30分以上することは筋肉や循環器系が活性化してその効果がしばらく持続します。
毎日汗ばむ程度の運動を続ける事は多くの利点があるのですが、体表温度を高くする効果もあります。

 

デオドラントで汗を抑える

それでも暑い時や、スポーツをする時は脇汗は出るものです。

 

それまでにしっかりと全身から熱を発散する体ができていると、脇にデオドラントを使っても他の部分からしっかり汗が出ます。

 

脇に熱の発散を頼らない体作りが大切なのです。

 

糖質を制限したダイエットと、有酸素運動と筋トレがオススメです。
ジムに通う必要はなくって、ちょっと意識して長距離歩いてみるとかエレベーターやエスカレーターの代わりに階段を使うとかの積み重ねでも続ける事が大切です。


このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村で上位のブログを見てみる
にほんブログ村 健康ブログ わきが・多汗症へ
にほんブログ村