ワキガクリームに即効性はあるの?

ワキガクリームの主成分の効果

成功

あなたはワキガクリームの効果を勘違いしていませんか?

 

塗ればたちどころに消えるワキガ・・・だと良いんですが、そういうのをお求めなら別の方法を試された方がいいですよ。

制汗剤の作用

ワキガの原因になっているアポクリン汗を抑え、臭いを拡散して強くするエクリン汗を少なくする働きの薬剤が配合されています。

 

早い話が汗が出ない限りワキガはないわけです。
しかし、完全に汗が出ないようにしてしまうのもよくありません。

 

完全に汗が出ない状態だと水膨れや汗疹になって湿疹になってしまう可能性があります。

 

汗を強く止めてしまうのは良くないのです。

 

安い制汗剤は焼きミョウバン

カリウムとアルミニウムを分子にもつ金属塩です。

 

塩化アルミニウム

病院で処方される汗止めの塗り薬です。

 

クロルヒドロキシアルミニウム

制汗剤の成分としてこちらを使用している製品がいくつかあります。

 

いずれにしても、肌につけていると一部体内に吸収されます。
アルミニウムは身体に良くないという説があります。

 

パラフェノールスルホン酸亜鉛はワキガ治療の医薬部外品

ワキガ治療の医薬部外品として厚生労働省に登録されている制汗作用のある成分です。

 

アルム石やクロルヒドロキシアルミニウムなどに比べて刺激が少なく、長期間の使用に向いていると思われます。

 

殺菌剤の成分

汗だけでは臭くなりません。

 

そこに雑菌(正確にはコリネバクテリウム・キセロシス)がいるので汗を分解してクサイ物質を作り出します。
要するにこの雑菌がいなくなればワキガは起きないのです。

 

重要なのは、ニオイが発生する前に殺菌しておかないと意味がないという所です。
臭くなってから消毒してもニオイ物質は消えませんので。

 

β-グリチルレチン酸

ニベア花王が甘草から作れるこの物質がワキガの原因菌を殺菌する効果があると発見した物質です。

 

イソプロピルメチルフェノール

ワキガ治療の医薬部外品として厚生労働省に登録されている殺菌作用のある成分です。

 

上の二つはニベア花王の研究では同等の殺菌効果があったと発表されています。

 

消臭成分は追加の成分で

一般の薬局で売っているデオドラント製品のほとんどは、主要な成分しか入っていないのがほとんどです。

 

消臭成分の代わりにメントールなどの刺激成分が入っている事はあります。

 

消臭成分としては柿タンニンなどが有名で、歯磨きにも配合されています。

消臭成分を配合しているのはワキガクリームだけといっても過言ではありません。

 

ただ、その効果はといいますと、正直なところ、広がってしまったワキガに対してはどうしても効き目は弱いです。

 

何故かと言いますとお分かりのように、下着、衣服へ汗は染みだして広がってしまっているのでワキに後から塗っても遅いのです。

 

じゃあいつ塗るの?

シャワー

お風呂でしっかり洗った直後の身体が清潔な状態の時しかありません。

 

どうしても外出先で追加されたい場合は、汗拭きシートなどでしっかりと綺麗にしてから塗る事をお勧めします。
もう一つは塗る量を増やすという対策もあります。

 

長期的には雑菌が減っていく

毎日清潔にしていますと、皮膚の悪玉菌が減っていくという研究データがあります。

 

1カ月〜3カ月で驚くほど減少していきます。
悪玉菌が減ると善玉菌が増えて、余計に悪玉菌に対する抵抗力ができてくるのです。

 

これがワキガクリームを毎日使っていた場合の長期的効果です。
数日使ってみて、良い結果にならなくてもあきらめないでください。

 


ワキガクリームランキング
ワキガ対策ランキング
にほんブログ村で上位のブログを見てみる
にほんブログ村 健康ブログ わきが・多汗症へ
にほんブログ村 PVランキング
page top