良い体臭対策製品を見分けるポイント

使い心地はサラサラ

 

脇をケアする女性

汗や体臭対策製品はパウダー、液体、軟膏、クリームと種類が多くて何が良いのか迷いませんか?

 

それぞれに一長一短ありまして、メリットとデメリットがありますが、今回は効果に着目します。

 

ベタつかない

特に軟膏タイプはベタベタした感じが長時間続きます。ベタつくということは、そこに触れたものに移動するということです。

 

皮膚に塗ったものが衣服やからだの他の部分にいどうするということです。
これでは折角塗った所で効果が発揮できなくなります。

 

ベタベタするのは気持ち悪いと思われる人は多いと思いますが、こういうデメリットもあるのです。

 

香料が微量

香料は特に肌に刺激がないものでしたら必ずしも否定しないのですが、その商品特有のニオイがあると知っている人には使っている事がバレる危険があります。
また、その香りがお好みかどうかという事も問題です。

 

私はワキガや何らかの体臭で悩みがあったとしても、フレグランスを楽しむ事を制限しなくて良いと思っていますので、できればワキガ対策製品自体に強い香料が入っている事は良いと思わないのです。
ワキガクリームはほとんどの製品が無香料ですし、香りがあっても微香です。

 

メントールが多く入っている製品はメントールのニオイがします。

 

ドクターアロマランスは他のワキガクリームに比べて若干強めの香料が入っています。これはワキガが出てきた時にニオイをマスキングする効果があるのですが、他のフレグランスを使えないということと、この香りに決まってしまうのが一長一短かなと思います。

 

水をはじく

水に溶けにくいということです。
水に溶けるということは汗にも溶けやすいということで、汗をかいたり濡れたりしたときに、ワキガ対策製品が溶けて流れてしまいます。
そうなりますとからだの違う場所へ行ったり衣服に染み込むなどしてしまいます。

 

実は水をはじくというのはワキガ対策製品の重要な特性なのです。

 

簡単に使えて清潔

毎日使うものですから、使い勝手や容器についても説明します。

 

一回分の使用量が正確に出せる

ワキガクリームは一回の使用量が極わずかですみます。
ですので一回分の使用量が簡単に正確に出せるのは大変助かります。

 

使う量を正確に計れる事で、節約にもなります。

 

製品によっては安いので量を気にしなくて済むと思われるかもしれませんが、例えばアルム石などのように肌に刺激が強いものは大量に塗ってしまうと肌荒れによって、かえってワキガが悪化してしまう可能性があります。

 

当サイトでおすすめしていますノアンデやクリアネオ、ドクターアロマランスは取り出し口がポンプになっています。
そして朝は2プッシュ、寝る前は1プッシュという使い方をします。

 

清潔に保てる容器

リフレア
容器の口が大きいと、一度に大量に塗るのに適していますがホコリなどが入りやすく清潔に保つのが難しいでしょう。

 

ポーチやカバンに入れた時に、圧迫されるような柔らかいチューブや開きやすいフタの場合は危険ですね。

 

できれば容器は固く、キャップがしっかりついているものが望ましいと思います。

 

エアレスポンプ、ボトルが理想

エアレスポンプ、エアレスボトルというものが最近は開発されています。

 

普通のポンプは空気を中に取り込んで、その圧力を利用して中身を外へ取り出します。
エアレスポンプは空気を中に入れない構造になっているのです。

 

そうすることによるメリットはいろいろあるのですが、何と言っても空気を入れないので中の薬剤が腐敗や酸化しにくいのです。

 

当サイトがおすすめするノアンデとクリアネオ、ドクターアロマランスはエアレスポンプを採用しています。

肌に優しい

毎日使うということと、わきの下をはじめアポクリン汗腺があるところは比較的皮膚が薄いというのがポイントです。

 

刺激があるものは結局使えない

制汗剤や消毒薬などは肌に刺激のあるものが多いです。

 

わたしは敏感肌なので刺激の強い製品はすぐにわかります。ミョウバンを使った制汗剤は強い刺激を感じました。

 

刺激を感じながら繰り返し使っているとかゆくなったり炎症をおこしたりしますので、ワキガが悪化する上にワキガ対策製品を使えなくなります。

 

 

効き目が弱かったり長続きしない製品は短時間で繰り返し使う事になりますので要注意です。
少しでも刺激を感じたら使用を中止するほうがましなんです。

 

適度な保湿作用

わたしの経験から、皮脂腺は肌の保湿力を一定に保つように皮脂を分泌しているようです。

 

どちらかというと乾燥肌なのですが、一時期一生懸命保湿剤を塗っていたら、風呂上がりに保湿剤を使わずにいたら肌がカピカピに乾燥してしまうようになりました。
それで保湿を一切やめてみましたら徐々に皮脂が出て風呂上がりに乾燥しなくなりました。

 

つまり、からだは自然に、肌が乾燥していると感じると皮脂をたくさん出そうとし、保湿をたっぷりすると皮脂の分泌をやめてしまうようです。

 

からだが自分の力で保湿する力を失わない程度に保湿してあげる事が大切です。

 

保湿自体は、肌の表面にうすい膜を作って保護をするために役立ちます。皮膚バリアといったりします。

 

皮膚バリアは角質に汗と皮脂からつくられた脂肪酸によってつくられています。
この適度な水分は皮膚に存在する善玉菌、表皮ブドウ球菌を守る働きもあります。


 

効果に満足するかどうかは本当は難しい

 

ワキガ対策製品の効果は一時的なものです。一回使ったらその後いっさいワキガがしなくなる製品はありません。

 

消臭の持続時間は、衣服の状態、汗の量で変わる

消臭できている時間は、まずわきの下がどういう状態かによってかわります。
わき毛が生えているのか、わきと擦れやすい衣服を着ているか、そしてわきをうごかしているのか激しく動かしているのかでもかわります。
ワキガ対策製品が皮膚からとれてしまったら効果を発揮するのは難しいです。

 

また、その時にかく汗の量の影響も受けます。消臭の生薬が入っていても、その生薬の量と消臭できるタンパク質の量は比例します。

 

必要使用回数が減るメリット

効果が少ない製品は消臭できる時間も短いので、繰り返し繰り返し使う必要があります。
それに対して効果が強い製品ならば何度も繰り返さないばかりか、一日に2度か3度程度で済みます。
歯磨きをするようにワキガクリームを使ったらある程度安心できるのです。

 

歯磨きも、一日に3回磨いていたら絶対に安心かというと、その時の体調や疲労などが溜まった時に口臭が出てしまうのと同じで、完全というわけにはいきません。

 

少しでも臭うからその製品はだめなのでしょうか。

 

ワキガクリームの正しい使い方を見てみる。

 
ワキガクリームランキング
ワキガ対策ランキング
にほんブログ村で上位のブログを見てみる
にほんブログ村 健康ブログ わきが・多汗症へ
にほんブログ村