衣類の素材で大きく違う体臭の強さ

ワキガを悪化させない衣類の素材の選び方

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

現在、繊維は数多く開発されていますので、どれがどうなのかわかりにくくなってませんか。

 

化学繊維の種類は増える一方です。

 

実は、この繊維の特性によってワキガが悪化します。

 

押さえておきたい繊維の種類と特性

まず、大きく分けまして、人が化学の力で作り出した化学繊維と、自然から入手した天然繊維があります。

 

化学繊維はすべて吸湿性が悪くてダメというのは結論を急ぎすぎです。

化学繊維の分類と代表的繊維の名前と吸湿性など

一言に化学繊維と言いましても、100%人工ではないんです。

合成繊維

主に石油を原料として作られた繊維です。

 

市場では約半分がポリエステルが使われています。
他にナイロン、アクリル、ビニロン、ポリエチレン、ポリプロピレンなどがあります。
これらはほとんど吸湿性がありません。
また、密着して編まれた生地は通気性がほとんどありません。

 

その中でもビニロンは最も綿に似た感触を持っており、合成繊維の中では吸湿性が高くなっています。

半合成繊維

合成繊維と再生繊維の中間的なもの。

 

アセテート、プロミックスなどがあります。

 

吸湿性があり、裏地に使用しても静電気が発生しにくい特徴があります。

再生繊維

天然繊維を原料にして化学的処理を行った繊維のこと。

 

レーヨン、ポリノジック、キュプラ、リヨセルなどがあります。

 

吸湿性、放湿性があります。

無機繊維

ガラス繊維や炭素繊維などです。
一般的に衣類に使われることはありません。

天然繊維とその特性

どれも吸湿性が非常に高いです。
中でも綿は医療現場でも多く使われているようにあらゆる液体を吸い取ります。

綿(コットン)

非常によく吸湿し、放湿します。
また水分以外のものも繊維の中に吸い込みます。
その割に汚れは比較的簡単にとれやすいです。

 

最も安価で、下着を始めとした衣服、汗パッドなどにも使われています。

 

肌に対する刺激は非常に少ない素材です。

絹(シルク)

吸湿性は綿の1.5倍、防臭能力は非常に高く、火災時の防毒マスクとして使えるほどです。

 

毛糸(ウール)

繊維の表面は水を弾きますが内側は吸湿性が高く、綿の2倍程度になります。

 

ワキガと衣類のポイント

 

アポクリン汗を吸い取ってくれるのは綿だけです。
アポクリン汗を吸い取った綿ではしばらく雑菌による分解が遅れます。

 

ワキガが発生する恐れのある場所にはできれば綿製の下着を装備していただきたいところです。

 

通気性がいいのは一長一短です。
エクリン汗を早く乾かすために湿気が少なくできるなら雑菌の活動を遅くすることができるかもしれませんが、通気性がいいと発生したワキガを発散してしまう可能性があるからです。

 

ポリエステルは吸湿性が悪い上に通気性も悪いため、ワキガが繊維に付着して臭いだけ拡散するという状態になります。

 

おしゃれな服のみならず、ポリエステル製品は非常に多いので、もしポリエステルの衣服を着る場合には、下着に綿のものを着るか、脇汗パッドをつけるなどをおすすめします。

 

吸汗速乾は普通のポリエステル比

 

吸汗速乾というポリエステルを材料にした製品が販売されています。

 

名前だけ見ると汗はすぐに吸い取って乾くイメージになっていますが、これは従来のポリエステル繊維の製品に比べたら吸湿性が高くなっているという意味です。

 

ワキガの場合はポリエステル製品と同等と見なすべきです。

 

吸湿発熱素材は汗だけ蒸発

 

寒い日に繊維が汗を吸い取って発熱するインナーとして大人気の製品ですが、最も要注意なことは気付いてますよね。

 

吸湿性はある程度期待できますが、アポクリン汗を吸い取ってくれるわけではありません。
エクリン汗を吸い取り、アポクリン汗はそのまま残ってインナーに付着してワキガを発します。

 

ワキガには天然繊維がベスト

 

アポクリン汗の吸収の良さ、洗濯のしやすさ、価格を考えると少なくともワキガが発生する部分に直接当たる衣類には綿製品であることがベストです。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村で上位のブログを見てみる
にほんブログ村 健康ブログ わきが・多汗症へ
にほんブログ村