汚い汗を綺麗にする方法

働きが鈍ったエクリン腺は悪い汗が少し出て臭いの原因にも

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

エクリン腺、皮脂腺からは皮膚表面を保護するために常に汗と皮脂が分泌されています。
角質層に保湿力を保つために皮脂が分泌され、エクリン汗による水分でうるおいを保っています。

 

この時に出ている汗は出ている事に本人は気付いてないでしょう。

 

エクリン腺は皮膚の保湿以外に体温調節のための汗を分泌します。

 

汗をかくと臭いの原因になるからと、汗をかくような状態を避けていませんか?

 

体内の温度が上昇すると、体温を一定に保つためにエクリン腺から汗を出して、汗が蒸発する時に奪われる熱量の働きで体温を下げようとします。

 

汗の原料は血液です。血液から汗腺は水分、塩分の他各種ミネラルを取り込みます。
そのままミネラルを汗として出してしまっては必要なミネラルが不足してしまうので、一旦汗腺に取り込まれたミネラルは再度血管に再吸収される働きがあります。

 

ところが普段あまり活動していない汗腺が急に大量の汗を出すよう大脳から司令が出されると、汗を出す事で精一杯になってしまいミネラルなどの再吸収が十分に行われないまま汗として出してしまいます。

 

このような汗は臭いの原因にもなる悪い汗です。

 

 

大量に汗をかく習慣がある人の汗腺の能力

 

最も分かりやすいのは運動選手の汗腺の能力です。

ほとんど水のみの汗をかく

ミネラルなどの成分を再吸収する能力が高いため、大量に汗をかいても必要なミネラルは失われませんし、水分によって効率よく体温を一定に保てます。

 

長時間汗を出し続ける事ができる

汗をかく習慣がないと、短時間で汗腺が疲れてしまって汗を出せなくなってしまいます。
そうなると体温は上昇して熱中症になってしまいます。

 

運動選手は何時間も汗を出し続ける事ができます。
長時間激しい運動を持続するために必要な能力の一つなのです。

 

激しい運動をしなくても汗腺は鍛えられます

 

良い汗をかけるようになるために、運動選手にならないといけないのでしょうか。

 

決してそんなことはありません。運動しなくても汗を出す方法はありますよね。

 

汗を大量にかく事を習慣化する事によって汗腺を活性化し、良い汗をかけるようにすることができます。

 

汗腺トレーニングにはどういう方法があるかご紹介します。

 

常にできる汗腺トレーニング

 

運動する

運動すると筋肉を動かしますよね。
筋肉は体内のエネルギーを使ってすぐに高温になるんです。

 

テニスなどの急激な運動でも、長時間続けていればどんどん体温が上昇しますから大量に汗がでることでしょう。
もちろんサッカーなどのように走り続けるスポーツでもできる人は、機会がある方はやったほうがいいですね。
でもそういう人は、とっくにされていると思います。

 

運動の機会がない方がどうするかという事が問題ですね。

 

運動の強度と時間は反比例の関係にありまして、ウォーキングのような比較的軽めの運動だとしますと、長時間続ける必要があります。短距離のダッシュでしたら短時間の運動でも発生した熱を冷やすのに汗は長く出続けます。

 

とはいえ、運動の機会が少ない人は歩く事をおすすめします。
足の関節などに負担が少なく、軽度の負荷を長時間かけ続けるウォーキングは、心肺系にも適度な負荷がかかります。
30分程度から1時間程度、週にできれば5回程度がおすすめなのですが、週末だけでもある程度効果が期待できますよ。

 

汗をかかない生活をしているならたまにたっぷりと汗をかくとデトックス効果があって身も心もすっきりします。

 

サウナ

汗をかくというとサウナを一番に思い浮かべましたか?

 

元々サウナは、寒い地域の国で、汗をかくために作られたものが広まったものです。
やはり、汗をかく事は必須なんでしょうね。

 

100℃近い温度に温められた部屋でじっとしているもので、サウナで汗をかかない人はいないと思いますが、その汗の量は、よくサウナに来る人と来ない人とではまったく違います。

 

水分補給を十分に行う事と、無理しすぎないようにしないといけませんね。

 

北欧のように家にサウナがあるならすぐにでも実行できますが、近くにそういう施設がない場合はちょっと敷居が高いですね。
近くにあるとか、安いとか、簡単に行ける範囲にないと続けるのが難しいですね。

 

半身浴

一番手っ取り早く、毎日でも時間さえあれば実行しやすいのが半身浴だと思います。

 

自宅に風呂がある確率は日本では非常に高くなっていますし、自宅にないかたも風呂に入らない方はほとんどおられないですよね。

40℃程度の少しぬるめの温度にして、心臓より下あたりまでお湯につかる入浴のしかたです。
ぬるめにすることと半身だけつかるのは、心臓に負担がかかりにくい状態にする意味があります。

 

ぬるめのお湯に入る事によって副交感神経が刺激され、体の末端(手先、足先)まで血管が拡張して血圧が下がる事と、温められた血液が体内全体をゆっくり暖めます。

 

10分程度入っていてもまったく汗が出ない場合は、少し温度を上げてみてください。
お風呂のお湯の温度を測る温度計が売ってますので、実際の温度が何度になっているかを確認してみる事もおすすめします。
給湯器で湯温が42℃となっていても実際には39℃ぐらいになっているかもしれません。(設置条件で変わります)

 

30分以上、1時間とか入る場合は水分補給用の水筒などを持って時々水分補給しましょう。

 

疲れたら一回あがって休憩や体を洗ったりし、もう一度入るという方法もあります。

 

長時間身体を温める事による効果

 

身体を温める事によって得られる利点は決して汗腺が綺麗になり、鍛えられるだけではありません。
わたしの経験からですが、数ヶ月単位で頑張っていると、いろんな効果が実感できるようになります。

体表温度が高くなる

体表近くの血管が拡張してくるためでしょうか。
身体全体の表面温度が高くなります。

 

別に熱があるわけでもないのに、いろんな人に「身体熱いね」って指摘されるようになります。

 

冷え性が改善する

手足の末端が冷えていたのが同様に改善されます。

 

デトックス効果がある

汗を大量にかくと、身体がスッキリ軽くなったような感じになります。
ストレスも発散されるようで精神的にも落ち着いてきます。

 

暑熱順化で汗を減らす方法

 

熱帯の人は暑さに適用してほとんど汗をかきません

熱帯など、常に高温の中で暮らしている人はあまり汗をかかないのをご存知でしょうか。

 

暑熱順化と言って、体表に近い所の血管が拡張していて皮膚温度が高く、体温を多く発散できる状態に身体が順応しているのです。

 

暑熱順化して汗を減らした方が身体にはいい

エアコンなどによって低い温度に保った部屋にいるだけだと、逆に体温を奪われないように順応してしまいます。

 

皮膚表面は低温になりがちです。

 

できるだけエアコンを使わず、運動したり、長時間の半身浴をするなど、身体を温める生活をする事によって汗をかきにくい状態に順応したらいいのです。

 

身体を温める事は内蔵の働きを高めますし、血管が拡張するため身体のすみずみまで必要な酸素や栄養素がいきわたりますので身体にもいいのです。

 

身体の冷やし過ぎには要注意です。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村で上位のブログを見てみる
にほんブログ村 健康ブログ わきが・多汗症へ
にほんブログ村