ワキガは冬に油断するのは禁物

アポクリン汗の量は気温に関係なし

冬は汗をそれほどかかないのでワキガでも油断しちゃってるって事はないでしょうか。
確かに汗の量が減ると、臭いは緩和されます。

 

ところが冬の方がワキガにとって悪条件になっている事があります。

 

厚着だとわきの下は蒸れやすい

寒さを防ぐためには服と身体の間に暖かい空気の層が必要です。

 

セーターなどはウールによって空気をたくわえる事ができます。
でも一番外側にセーターを着ていると、風にあたると暖かい空気が逃げてしまって寒いのです。
空気を逃がさないようにするには、薄くても通気性が少ないものを上に着る必要があります。

 

ダウンジャケットは羽毛をナイロンなどの化学繊維の生地で覆われています。
防寒にはこれを超えるものは存在していません。

 

身体に触れる空気の温度を保つために密閉状態になりますよね。
薄着なら乾いていた汗も、密閉されると行き場を失ってるんです。

 

適温のわきの下で細菌が活動

わきの下の体表温度は非常に高くなってます。
また、汗による湿りによって、細菌が繁殖するのに適した環境になりやすいのです。

 

体温は冬でも夏でも一定ですので、実はわきの下の環境としては温度は四季によらず一定で、密閉されている冬の方が湿度が高く細菌が繁殖しやすくなっています。

 

ワキガ物質が外の服まで染み出す

たくさん服を着ていても、汗は衣類にどんどん染み込んで行きます。
ラップなどで遮断でもしない限り繊維は汗を吸い込んで広がり続けます。
細菌が活動しますと汗はどんどんニオイに変換されてしまうのです。

 

服を重ね着している場合、アポクリン汗をかいてからそのニオイが服の外側まで達するのに少し時間がかかる程度の防御効果しかありません。

 

厚着をした状態で暖房がきいた部屋や乗り物に入りますと、今度は暑くてエクリン汗まででてしまいよりワキガ物質が服に染み込んで広がってしまいます。

 

着ている服が多いために、ワキガ物質が服に染み込んでしまうと対策が厄介になります。
服の消臭、洗濯の手間も増えてしまいます。

 

衣服の調整を細やかに

暑さ寒さを敏感に感じて、着ている服を脱いだり着たりしていつも快適な状態に保つようにすれば余計な汗をかかずに済みます。

 

少し暑くても上着を脱ぐのを面倒くさがっていてはダメだということです。

 

逆に寒いのを我慢していますと交感神経が刺激を受けてアドレナリンが分泌されます。
アポクリン汗腺はアドレナリンで活性化しますので寒いのを我慢するのはワキガを悪化させるといえます。

 

寒かったらすぐに適度な服を着る、暖房を入れる、カイロを使うなどの対策をした方がいいということですね。

 

冬でも汗に対するケアを欠かさない

冬は汗をかかないからと、安心してしまっている方が多いのか、意外と冬に強烈な臭いを放っている人がいらっしゃいます。

 

汗脇パッドを利用する。

薄着ではありませんので、各種汗脇パッドが使えます。
汗を吸い取りながら水分を通さない層があるタイプが良いでしょう。

ワキガクリームランキング
ワキガ対策ランキング
にほんブログ村で上位のブログを見てみる
にほんブログ村 健康ブログ わきが・多汗症へ
にほんブログ村