ワキガ手術後の過ごし方と復帰までの期間

傷が安定するまで約3日は絶対安静

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

ワキガ手術をしたら普段の生活に戻れるのはどれぐらいの時間が必要かの情報についてお伝えします。

 

剪除法など、わきの下の皮膚をはがす手術をした後は、皮膚が体に生着するために、少なくとも3日間は絶対安静が必要です。
手術直後、ワキにはタイオーバーという皮膚を圧迫のためのガーゼが縫い付けられ、皮膚の内側から血液や体液が溜まらないようにドレーン管がつけられています。
無理な力がかかってそれらが外れたりすると大変です。

 

きれいに皮下組織の層と脂肪層の間を切っていただけていれば、出血も少なく痛みもそれほど激しいものではありませんが、鎮痛薬(痛み止め)が処方されるはずです。

 

少なくともタイオーバーやドレーンを外してもらうまでは、横を向いて寝ることはできません。この期間中は、一晩中仰向け(上向き)で寝なければいけません。寝返りをうとうとするとどうしても肩に力が加わりますので寝返りをうてないようにする工夫が必要です。
寝る場所を狭くする、枕を高くするなどです。快適な眠りではありませんが、眠れない事はありません。

 

手術後すぐは、わきの下にものがはさまった状態ですし、腕を上げる事はできません。
剪除法の場合はまっすぐ立って両腕を水平以上に上げないというのが目安だそうです。

 

衣服ですが、脱いだり着たりする時の負担を減らすためには前開きのシャツが必要となるでしょう。できれば2サイズぐらい大きめのものでゆったりしたものにしましょう。

 

手術後に再開する事の目安と時期

 

制汗剤は2週間後

皮膚が順調に回復してきますと、暑い時はやはり脇汗をかきます。
しかし、制汗剤は皮膚に対して刺激があるものもありますので、少なくとも傷口が完全に塞がってからにしましょう。
2週間ぐらいは控えるのが無難です。

 

車の運転は安全をみれば1ヶ月

自動車を運転するのが必須の仕事をされている方はそんな長期間休む訳にはいかないかもしれませんが、目安として、タイオーバーとドレーンを外してもらえてから傷が治ってからならば可能かもしれません。
といいますのも、自動車の運転は普通それほど腕を振り回す動作はしないかもしれません。
しかし、とっさの時の対応で急激な動きをしなければならない可能性があります。
回復する早さは個人差が大きいですし、運転の仕方や乗る車の種類によって腕を動かす範囲が変わりますので一概に何日ならOKとは言えません。

 

運動や仕事は動きの量によって1週間~1ヶ月

運動も激しいものになると1ヶ月はできないと考えたほうがいいでしょう。
ずっとパソコンで作業するだけのような仕事でしたらタイオーバーを外してもらえるぐらいから再開できそうです。
重い物を持ったりすることは厳禁になります。
ある程度腕の可動範囲が広がる目安は1週間程度でしょうか。

 

お酒は大事をみれば1ヶ月

ほんの少しホロ酔う程度でしたらタイオーバーが外れたころからでも大丈夫でしょう。
しかし、気をつけたいのは普段よくお酒を飲む習慣がある人は、少しでも飲むとあっという間に量が増えてしまう事です。
アルコールは判断力を低下させますし、痛みに鈍感になりますので、つい無理な動きをしてしまう可能性があります。
普段から飲む習慣のある人は、しばらく禁酒することをおすすめします。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村で上位のブログを見てみる
にほんブログ村 健康ブログ わきが・多汗症へ
にほんブログ村