多汗症治療のボトックスの治療費と効果

ボトックス注入は多汗症の治療、ワキガへの効果は??

注射だけで汗を長期間止める事ができるって知ってますか。

 

ボツリヌストキシンという毒を少量注射することによって、その部分から汗がでないようにできるんです。

 

ボツリヌストキシンはボツリヌス菌が出す猛毒の毒素

ボトックスとはボツリヌストキシンを含む注射薬剤の事で、米国アラガン社の登録商標です。

 

ボツリヌス菌が出す毒素をボツリヌストキシンといいます。

 

強力な毒性があるのですが、非常に少量を皮下注射することによってその毒性を利用しています。

 

利用するボツリヌストキシンの作用

ボツリヌストキシン

  1. アセチルコリンの放出を妨げます
  2. 筋弛緩作用があります
  3. 鎮痛作用があります

アセチルコリンは汗腺を刺激して汗を出させる作用がありますが、ボツリヌストキシンによってアセチルコリンが出ないようにするのです。
アセチルコリンが分泌されなくなることによって汗腺は汗を出さなくなります。

 

筋弛緩作用は、筋肉に力が入らない状態になります。
筋肉は使わないとどんどん萎縮して細くなっていきます。
この筋肉の萎縮作用を利用して、顔のエラを骨を削る代わりに筋肉を細くすることによって小さくするという美容整形があります。
また、足の筋肉に注射することによって足の筋肉を萎縮させることによって足を細くするという事も行われています。

 

汗は4〜9ヶ月間でなくなります


脇汗を出なくするには、わきの下に20箇所ぐらいの皮下注射をします。

 

すると数日後から徐々に汗が出なくなります。

 

個人差がありますが、4ヶ月から9ヶ月間汗が出なくなるというデータがあるそうです。

 

ボトックスによる多汗症治療の口コミによりますと、汗が出なくなる人から全然効果がないひとまでいらっしゃいます。

 

ワキガに対する効果についてですが、アセチルコリンによって汗が分泌するのはエクリン腺のみで、アポクリン腺の汗を止める作用は承認されていません。

 

残念ながらワキガには効果が期待できません。

 

エクリン汗が出なければ、ワキガの成分がわきの下で分泌されていてもわき毛や衣服に移動しにくいために拡散が抑えられる程度の効果はあります。

 

ボツリヌストキシン注射の費用

重度の原発性腋窩多汗症と医師の診断され、受ける病院が保険診療をしていれば保険適用で受ける事ができます。

 

保険適用で3万円程度、保険適用でなければ10万円程度となります。(保険適用だと3割負担ですから)

 

一方、自由診療の場合は医療者が値段を自由に設定できるため非常に幅がありますが、おおよそ5万円〜10万円程度です。

 

腋窩多汗症の診断で、軽度とされた人には最初塩化アルミニウムの塗布剤が処方されます。
それで効果がなければボトックス注射を行い、それでも効果が十分でない場合には塩化アルミニウム剤を併用します。

 

注射を受けるまでの行程

受けたいと思って、行っている病院に行ってもすぐに注射をしてもらえる訳ではありません。
きちんと診断を行い、説明を受け、患者さんが納得した上で行うようにボトックスの製造元から求められているからです。

 

診断と治療の説明

原発性腋窩多汗症の程度を診断します。
重度と診断されて保険診療を行っている病院であれば保険適用で受ける事ができます。

 

重度とは、発汗の程度が著しく日常生活に支障がある程度です。

 

実際に発汗量を測定する場合と、問診によって患者さんの日常生活の様子の話から医師が判断する場合があります。

 

治療内容について、詳しく説明されるはずです。

 

同意書を記入する。

重度と診断されるかどうかは別として、ボトックス注射を受ける場合にはその治療を受ける同意書にサインする必要があります。
未成年の人の場合は保証人の欄に保護者のサインも必要です。

 

予約で受ける日時を決める

受ける事が決まってから薬剤を注文し、施術する予定を決めます。

 

施術当日

わき毛を剃る必要は必ずしもありません。頭髪のようにボッサリ生えている人はいないと思いますのでそのままでも対応可能です。

 

アルコール消毒を行った後、注射するところにマーキングをします。20箇所ぐらいです。

 

わきの下は痛みに比較的鈍感ですのでそのまま注射を始めますが、痛みに弱い人は希望するとキシロカインなどの麻酔薬を塗ってもらえると思います。

 

注射自体は両脇で5分程度で終了します。

 

副作用は意外と多く報告されています

実際にボトックス注射を受けた人の口コミを調べてみますと、腕の不快感を訴える人が多いようです。

 

毒を体に入れるのですから「副作用がない」などということはありえないんです。

 

しかし、効果がどれぐらい出るかも分からない上に副作用の心配もあるとなると悩ましいところですね。

 

お酒は注射当日のみ禁酒

注射した日に飲酒すると顔が腫れます。

 

翌日からは普通にお酒をのんでも大丈夫になりますので当日だけ禁酒します。

 

これは受ける時に説明されます。

 

何回もやると効き目が弱くなる

体には慣れというものがあります。タキフィラキシーといいます。
繰り返し受けると体が耐性を持って効かなくなります。
そういう物質が入ってきたら無毒化する働きが形成されます。
繰り返し受ける場合は最低3ヶ月開ける事になっています。

 

間隔をあけると慣れが薄れるというのもありますので、効かなくなってきたら一度長期間あいだを開けると効き目が復活する可能性はあります。

 

お酒を常に飲む人は、解毒するための酵素を大量に持っていて、どのような薬も効きにくくなっている場合があります。
そういう場合、効き目をよくするためには禁酒が必要です。

 

 

 

異常な脇汗のために生活に支障があり塩化アルミニウムだけでは収まらない方は試してみる価値がある治療法です。

ワキガクリームランキング
ワキガ対策ランキング
にほんブログ村で上位のブログを見てみる
にほんブログ村 健康ブログ わきが・多汗症へ
にほんブログ村