病院とクリニックでできるワキガ治療

病院・クリニックでのワキガ対策方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

ワキガ対策として病院や美容クリニックで行われているのは何らかの方法でアポクリン汗腺から汗が出ないようにする方法です。

 

薬剤を使って汗を出なくする

アポクリン汗腺に対して薬剤を塗って、汗をでにくくする方法です。

 

効き目は個人差があります。
とくにボトックスによる制汗作用は、繰り返すと効き目が弱くなる特徴があります。

塩化アルミニウム液

制汗剤の一種で病院で処方されるものは濃度が高く、効き目も高いと言われていますがワキガに対する効果はそれほど強くありません。

 

市販されている塩化アルミニウム液にはオドレミンがあります。

 

安価な制汗作用があるもので、昔から使われているのはミョウバンですが、塩化アルミニウムよりも効き目は劣ります。

ミョウバンの使い方などはこちらの記事をどうぞ。

ボトックス

ボトックスは商標名で、ボツリヌストキシンを汗腺のあるあたりに注射するものです。
美容整形の方が有名かもしれません。

 

重度の多汗症と診断されなければ保険適用になりません。
ワキガに対する効果はほとんどありません。

 

ボトックスについての詳細はこちらをどうぞ。

 

物理的にアポクリン汗腺にダメージを与える

アポクリン汗腺を完全に破壊してしまいますと再生することはありません。
全てのアポクリン汗腺を破壊しますとワキガの原因となる汗がでなくなります。

 

皮膚をはがすような事をしませんので、一般的にダウンタイムが少ないです。
やり方によって皮膚へのダメージが異なりますが、皮膚はダメージがあると色素沈着を起こします。
完全に跡が分からなくなるまでには半年から1年程度かかるかもしれません。

 

電気凝固法

永久脱毛の方法の一つに、ニードルを毛穴に挿入して電気を流して毛根を破壊するやり方があります。
永久脱毛だけの場合はアポクリン汗腺まで破壊することはできないのですが、ニードルの一部を絶縁し、皮膚にダメージがおよばないようにしながら強めの電気を流してアポクリン汗腺を破壊する方法があります。

電気凝固法によるワキガ治療はこちらです。

ミラドライ

原理は電子レンジと同じです。
水の共振周波数に合わせた電波で熱します。
もちろん皮下までにしか影響がないような構造になっています。
やはり水に反応しますので汗腺が集中的に破壊されます。

ミラドライの詳細はこちらです。

ビューホット

電気凝固法は毛穴一つ一つに対してニードルを刺していくのに対して、ビューホットはワキにあてるカートリッジに多数の針がついています。
ワキにカートリッジを当てて、針を刺す深さを調整しながら熱を加えてアポクリン汗腺を破壊します。

ウルセラドライ

カートリッジの先端から超音波が出るのですが、その超音波をアポクリン汗腺があるところに焦点をあててエネルギーを集中してアポクリン汗腺を破壊します。
超音波は指向性が高いためこのように特定の所に対してエネルギーを集中させることができるのです。

 

同様な方法によって前立腺がんなどの治療に使う研究が進んでいます。

 



ペアドライ

ワキガと多汗症を同時に治療する方法として、ビューホットとウルセラドライを組み合わせるやり方をペアドライといいます。

レーザー脱毛

レーザーによる永久脱毛によって、アポクリン汗腺も同時に破壊されてワキガが軽快したという話があります。

 

毛根を破壊するほどの強力なレーザーを毛穴に対してあてるのですからその可能性は期待できます。

 

手術によってアポクリン汗腺を除去する

最も確実と思える方法ですが、リスクやデメリットがあることを忘れてはいけません。

 

皮膚をはがしますので、ある程度回復するまでは絶対安静の期間が必要となります。
病院にもよりますが、入院が必要な場合を考慮する必要があります。

 

皮膚切除法

アポクリン汗腺がある皮膚を切り取ってしまって残った皮膚を縫い合わせるという乱暴な方法です。昭和初期のころから行われていたようです。

切除法についてはこちらの記事をどうぞ

掻爬・吸引法

掻爬とはわきの下の皮下組織を掻き出す事、吸引は文字通り器具によってわきの下の組織を吸引する方法です。

 

非直視下手術法に分類される方法です。アポクリン汗腺を目視で確認しない方法です。

 

掻爬・吸引法についてはこちらの記事をどうぞ

剪除法

皮弁法とも言われる術式で、ワキガ治療の手術で保険適用が可能な唯一の方法です。
わきの下で皮膚だけを切開して毛が生えている範囲をはがします。

 

はがした皮膚を裏返してアポクリン汗腺を目で確認しながら切除します。

剪除法の詳細はこちらの記事をどうぞ。

 

 

病院でできるワキガ治療まとめ

 

必ずしも効果は完全ではない

保険適用できる剪除法もそうなのですが、効果は100%とは限りません。

 

他の機器を使った治療でもそうです。

 

保険がきかない治療は高額になる

短時間で終わる治療でも、40万円ぐらいが相場となっています。

 

保険がきく剪除法の場合は5万円まででしょう。

 

いつまでもワキガケアを続けたくないお気持ちは分かりますが、手術はやり直しができないということは忘れないでください。
(別の病院で再手術をしてもらえる場合はありますが)

 

わたしはワキガの手術はおすすめしません。

ワキガの外科手術をおすすめしない理由を書かせていただいています。

 

その人のワキガの強度や理由によって事情が変わってくると思いますのでよく検討される事をおすすめします。

 

衝動的に手術を決断されませんように。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
ワキガクリームランキング
ワキガ対策ランキング
にほんブログ村で上位のブログを見てみる
にほんブログ村 健康ブログ わきが・多汗症へ
にほんブログ村